アジアブログ

 

 
 

2011年8月4日 【中国】
超低金利マイカーローン


北京華通広運物流有限公司
柳田 洋


 




写真は街で見つけたレクサスの看板です。
2011年にちなんだ年率2.011%の超低金利マイカーローンを売りにしています。

超低金利政策が続く日本では、年率2.011%のマイカーローン金利は
むしろ高く感じられるかもしれませんが、ここ中国では、中国政府が、
インフレを退治するために、金融引き締め政策を実行中、
昨年の秋以降5回に及ぶ利上げにより銀行の貸出金利は6.56%まで上昇しています。

更に、1年ものの定期預金金利も、 3.50%まで上昇していますので、
2.011%のマイカーローンで買ったレクサスをすぐに売却して、その売却代金を
定期預金に預けて約1.5%の利ざやを稼ぐ、などという輩も出てくるかもしれません。

しかし、中国にも「没有免費的午餐(めいようみぇんふぇいだうーつぁん、
世の中にフリーランチはない)」という言い方があります。
トヨタの調達金利とマイカーローン金利との逆ざやの差額は、
当然、レクサスの販売代金に含まれていると考えるのが普通です。

年率2.011%の超低金利マイカーローンは、金融リテラシーが高い中国の富裕層を
引きつけることができるのか。
レクサスの今後の売れ行きに注目です。


 


 


著作権について

本サイト内の記事、コンテンツ類の無断転載、複製および転送を禁じます。このような運営の妨げになる行為に関しては、損害賠償を求めることがあります。