アジアブログ

 

 
 

2010年6月30日 【ベトナム】
習いごとと遊び方


ハノイ現地留学生
宇都宮まゆみ



最近、ベトナム人の友人に誘われてここハノイで習い事を始めました!
現在は、週2回ベリーダンスの教室に通っていて、これがなかなか楽しくてはまり始めています。
ベトナムでなにか習い事をするとは考えていませんでしたが、
ベトナムで非常に有名な日系旅行会社さんのホームページでも習い事特集が
組まれていたので最近は習い事が増えてきたということなのでしょうか。

私の通っている教室はハノイにおけるベリーダンスの先駆け的存在らしく、
現在は週に300~400人の生徒が通っているそうです。教室は2年ほど前に開設し生徒は
50名から始めたと聞きました。月謝は10コマ(1コマ90分)で50万ドン、
約2500円ほどで生徒のほとんどはベトナム人です。50万ドンといえば
少し高いかもしれませんが、若いOLさんがよく行くような服屋さんのワンピースが15万ドン~、
最近流行りの回転鍋屋さんの値段も12,3万ドンなどと考えるとちょっとした出費ぐらいの
感覚の人が多いのではないでしょうか。
勿論、格差も存在しそれも広がりつつあるベトナムでこのような見方は一面的かもしれませんが、
私の友人の中ではお金を結構持ち始め、また使い始めている人が多いようによく感じます。
私のクラスには大学生もいますがほとんどは会社勤めの女性の方で会社帰りに
6時から始まる教室に来ているようです。先生もほとんどが20代と私たちと同世代で
毎週厳しく指導されながらも楽しく踊っています。


私はベリーダンスですが他にもローカルの文化センターなどではヨガや料理、
社交ダンスなども学べるようです。私は最近まで知りませんでしたがハノイにも
沢山の習い事があるようで、これはここ最近の傾向なのかなぁなどと考えています。





(教室)

また、先週末は友人5人とボーリングに行きました。
ホーチミンにはいくつかボーリング場があるようですがハノイには
まだ一つぐらいしかないと思われます。あまり今までボーリングに誘われたことは
ありませんでしたが、最近はよくボーリングに誘われます。
ベトナム人の友だち曰くボーリングは最近の遊びで今の30代の人はほとんどしないと聞きました。
1ゲーム3万ドン(150円くらい)、レーンは確か30ほどあり私は日曜の夜8時くらいに
行きましたが若者から家族ずれまでおり結構にぎわっていました。そのボーリング場は
夜の12時まで営業しているらしく(何時くらいに人が引き始めるのか分かりませんが)
11時には街の人がさっと引き始めるハノイでは新しい遊び場なんじゃないかなぁと思いました。

詳しい状況については分かりませんが、こういう面でもハノイはどんどん変わっているのかなぁ
などと感じています。



 


著作権について

本サイト内の記事、コンテンツ類の無断転載、複製および転送を禁じます。このような運営の妨げになる行為に関しては、損害賠償を求めることがあります。